« 「能登マリアージュの真骨頂」 | ホーム | 家庭画報50周年記念に、HITOTSUのフィグログをご紹介いただきました。 »

2015年11月25日

続「能登マリアージュの真骨頂」

・・・(続)

僭越ながら、農家の立場から国産ワイン産業に対する考えを述べさせていただくと、

美味しい(平均的な)ワインは、誰でもどこでも作れるようになった今、

農家としてこれから先へ進むとすれば、自分のブドウ畑も含めて、

その原料やワインをどう活用するのか、その応用力が重要だと強く意識します。

だって、それなりの立場の人に「いいね〜!」評価してもらえたら、まぁ評価なんてなくても、

その神の一声(?)さえもらえれば、売れるんですから。

現場を目撃したら、がっかり、そう思います。

 

当然、誰だって単にワインを造れば、田舎が抱える諸々の課題解決にもつながるわけじゃないことぐらいは想像できるし、

それなりのタレントを起用してPRしたほうが、泥臭く「地産地消の〇〇!」なんて声上げなくても効果ありますよ、きっと。

 

でも、せめて能登で召し上がっていただく時には、本物をお届けしたい。

ここで生まれ育ったものとして、正しく能登の食卓を彩る一品を提供したい。

世界農業遺産「能登の里山里海」、その能登の酒がマリアージュするのは、そこで育まれてきた食文化。

食もいろいろあるけど、例えば母ちゃんが作る飯に合わんで、何が能登の酒か。

酒の肴か、肴の酒か。うまいこと言う、母ちゃんは。

くどいようだが、葡萄酒も能登の酒のひとつ、

能登のお母さんの作るごっつぉ(ご馳走)に合わせても、また寄り添う食事があっていい。

マンマが作るパスタはよくて、何で能登めしは?

地域を支え育てるのは、ワイン産業ではなく、それを楽しむ呑み手なんだ。

だから本物をお届けせねば、です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://okurusky.jp/mt/mt-tb.cgi/54

コメントする