2013年8月アーカイブ

2013年8月30日

能登の里山里海体験2013を開催しました。実はこのプログラム、計3回の開催を予定していて、これは第2回目の模様です。そう、第1回目は忙しくて載せれませんでした!(その1)

村山智一です。

この夏、第2回目の「能登の里山里海体験2013」を開催しました。


ん?第2回?


そう、第1回目は、まだ載せていません。。。

イベントやら何やら色々重なってしまって。。。

いずれアップしましょう。


さて、

今回は金沢市の子ども達が参加してくれました。

2泊3日の僕だからできるツーリズムです。


「ふるさと体験村 四季の丘」の教室で、開校式です。

20130827-29里山里海体験1.jpg

 

まだ、少し緊張気味ではありますが、

その辺は時間の問題であります。

 

いつものようにあっという間に仲良くなりまして、

先ずはポールを持って能登ワインまでウォーキングです。

20130827-29里山里海体験5.jpg

 

天気にも恵まれ、気持ちいいです。

20130827-29里山里海体験2.jpg

 

さすが、サッカークラブの子ども達。

あっという間に到着します。

 

能登ワインでは、

スタッフの丸山さんが施設を案内してくれました。

20130827-29里山里海体験6.jpg

 

実は、収穫が始まったばかりで、

醸造所はフレッシュなブドウの香りでいっぱいです。

特別に、醸造用ブドウを食べさせてもらいました。

普段食べているブドウとの違いを話し合っています。

「食」は最高の体験ですね。

20130827-29里山里海体験7.jpg

いろんな機械がありますね。

興味津々です。

20130827-29里山里海体験8.jpg

 

20130827-29里山里海体験10.jpg

 

玄関前には生食用のブドウがあります。

それも食べて、醸造用との食べ比べです。

同じブドウなのに、いろんな味や色があって、面白いね。

20130827-29里山里海体験12.jpg

 

能登ワインの横にあるChardonnay。

右奥には、OkuruSkyの畑があります。

20130827-29里山里海体験11.jpg

 

ワイン畑をバックに、記念写真。

カッコいいじゃないですか!

20130827-29里山里海体験13.jpg

 

そして、今日の夕食はBBQです!

皆で火起こしです。

自分たちの事は自分たちの手で、これが大切です。

20130827-29里山里海体験4−1.jpg

 

焼いても焼いても、追いつきません!

すっごい食欲です!

20130827-29里山里海体験4−2.jpg

 

BBQしながら、お笑い芸人の動画を見ています。

何しとるんよ!(笑)

20130827-29里山里海体験4−3.jpg

 

残り物を頂きます。。。

満腹になった子ども達は、さっさと体育館に遊びにいきました。

20130827-29里山里海体験4.jpg

 

今日は、テント泊ですので、

皆でテントを設置しました。

ゆっくり休んで、明日に備えよう!


20130827-29里山里海体験3.jpg

 

つづく!

 

2013年8月29日

HAB北陸朝日放送HAB「土曜はドキドキ」の取材があり、兜から旭ヶ丘、そして鹿波へ向かいました。かあさんの学校食堂からスタートして、かぶと味噌、能登ワイン、HI TO TSU、のと猪部里児の順番です。放送は9月7日の土曜日9:30からです。お見逃しなく!(前編)

村山智一です。

HAB北陸朝日放送HAB「土曜はドキドキ」の取材があり、

穴水町でも兜地区から旭ヶ丘・鹿波地区で展開されている地域づくりや、

伝統食、生まれたばかりの新商品などを取り上げていただきました。

 

先ずは、

かあさんの学校食堂からスタート!

20130828かあさんの学校食堂1.jpg

この取材の後、

ランチのお客さまの予約が入っているそうで、

とってもお忙しい中でしたが、

明るく元気に対応いただいた「かあさん」達に、感謝×2ですっ!

 

取材後に集合写真を撮りました。

20130828かあさんの学校食堂2.jpg

 

続いて、

同じ兜地区で味噌づくりをしている高尾商店さんの「かぶと味噌」へ。

20130828かぶとみそ1.jpg

高尾商店さんでは、

地元で愛されるご自慢の味噌と麹をPR。

美味しいかぶと味噌と麹をいただきました。

なかでも、冷やした麹が、ほんのり甘くて美味しい!

20130828かぶとみそ2.jpg

皆で「これ、美味しいね!」「商品化すべきやわ!」などなど(笑)

お騒がせして申し訳ありませんでしたが、

綺麗な海がみえる蔵で、宝物を発見!といった感じでした。

実は、

HI TO TSUのラインナップにある梅味噌ソースは、高尾さんとのコラボ商品なのです。

これも美味い。

続いて、

能登ワイン、HI TO TSU、のと猪部里児は、後編で!

2013年8月23日

明日から開催される、いしかわの里山里海展2013にて「HI TO TSU」を販売します。そして本番直前の今日は、JAPAN TENTの皆さんがやってきます!

村山智一です。

穴水町に大雨・洪水警報が発令中です。

土砂崩れ、河川の増水には十分気をつけましょう。

 

さて、

明日から「いしかわの里山里海展2013」が開催されます。

テーマ 「スマートコミュニティとエコなくらし」
日 時:平成25年8月24日(土)・25日(日) AM9:30~PM4:30
場 所:石川県産業展示館4号館 (金沢市袋畠町)
入場無料

 

そこでは、OkuruSkyもブースをいただきまして、

HI TO TSUを販売いたします。

slideshow_img0.jpg

(HI TO TSU 販売サイト)

会場平面図です↓↓↓

OkuruSky里山里海展1

 

HI TO TSUの販売ブースです↓↓↓

OkuruSky里山里海展.jpg

 

しっかり準備して、

イベントを楽しみたいです!

 

そんな本番前日の今日は、

JAPAN TENTの皆さんがやってきます。

あいにくの雨模様ですが、

賑やかで楽しい一日になりそうです。

 

2013年8月21日

農園作業だけでなく、いろいろ忙しい8月ですが、能登のおじちゃんに支えられています。

村山智一です。

いろいろ忙しい8月、
能登の里山は実りの秋を迎える準備に入っています。
農園作業のほかに、
雑木林の手入れも始まりました。
能登のおじちゃん達と大切な打ち合わせです。
20130821OkuruSky現場打ち合わせ.jpg

今年は、
なぜか蜂が多い!ので、
山仕事は注意が必要です。

間伐材は、
キャンプファイヤーの材料にしたり、
木工体験に使用します。
能登のおじちゃんに感謝です。



2013年8月15日

銘醸地は生み出すものだとしたら、どうすればいいか考えたら、終戦記念日の今日に繋がったのです。

村山智一です。

 

お盆です。

お墓参りには行きましたか?

夏の同窓会やってますか?

盆踊りとか、

季節感じますなぁ。

 

もう半月もすれば、

本格的にブドウの収穫が始まります。

 

昨日、ウチの畑ではじめてピノを収穫しました。

試験栽培中のピノノワール20130814pinot-1.jpg

 

ピノと言えば、

Yarra Yeringのピノノワールは、オーストラリアでも最高峰の1つと評価される。

ここはヤラバレー・リリディル地区で最も有名な「ブティックのように小さなワイナリー」といわれ、

毎年5月のある週末に1日だけセラー・ドアがオープンすると、

その年のワインが全て売り切れてしまうという超人気のワイナリー。

そこを訪れ、その時の感動が原動力となり、能登での栽培をチャレンジしました。

 

あの出会いあって、この房が生まれたんだと、

なんとも人生とは面白い、そうつくづく思います。

 

「ワインづくりの思想」(麻井宇介 中公新書)で、

語られている宿命的風土論を思い出す。

銘醸地とは何か?を考えると、

良いワインから逆算して生産地を評価しているに過ぎない。

要するに、

銘醸地は神様から与えられたものではなく、

そこでの生業が作り出すものなのだと。

 

そう考えると、

新参者だからといって口つぐむのが馬鹿らしくおもえてくるし、

技術者の数だけ論が存在するのも納得できる。

 

「ぼくらの祖国」(青山繁晴  扶桑社 )には

祖国とは何か?が語られているが、繋がりを感じる。

どっちが先で後か、戦勝国と敗戦国、行った言わないなど、

本当につまらない事で大切なものを語り学ぶ事をおそれている。

 

これは新規就農者としてみてきた農業そのものだ。

「日本のワインなんてまだまだ・・・。」

「老舗Y県に比べたら、うち(地方)のワイン何て・・・。」

「あの造り方は、間違っている。だってヨーロッパじゃ・・・。」

学びもせず、汗もかかず、

ただ人生を怠けているだけ。

日本人らしさ、奥ゆかしさと表現し、

すり替えているだけじゃないの?と。

 

銘醸地を生み出すには、

祖国をおもうように、

集落、土地、自分をおもい、

その気持ちで語り、実践する事が大切だという事だ。

20130814pinot-2.jpg 

終戦記念日の今日、

あらためて技術者を志した自分と向き合い、

時間を惜しんで現場を見つめ、

同志と語りあい、

隙あらば銘醸地の鼻をへし折ってやろうと、

決意をあらたにしました。

 

「盆休みぐらい、だらだらせーよー、面倒くさい奴やな」

には、

最高のワインに

「な、言うたやろ。」

と、この言葉を添えて、贈りたい。

2013年8月13日

「花咲くいろは」で「のと鉄道運転体験」は、もっと盛り上がる。ついでにウチの「ふるさと体験村 四季の丘」を舞台にしたストーリーを勝手に妄想すると、素敵すぎる!

「世界農業遺産 能登の里山里海」にて農業・体験型観光を行っています、OkuruSky(おくるすかい)の村山智一です。

 

OkuruSkyのプログラムでも人気の高い「のと鉄道運転体験」

車両も「花咲くいろは」ラッピング車両(のと鉄道NT201号車)だと、

また違う盛り上がり方をするだろうなぁ。

のと運転体験1花咲くいろは.jpg

 

のと鉄道運転体験(1)花咲くいろは.jpg

 

運転体験2花咲くいろは.jpg

 

穴水駅には、

ファン・鉄道マニアの方が沢山いらっしゃる。

もっと楽しめる仕掛けとか、考えたらいいのにな〜と。

せっかく能登まで足を運んでくれたんだから。

 

西岸がPointになっているみたいだけど、穴水駅から乗り込んでくるお客様も多い。

それから、

車内アナウンスを録音するために

ボイスレコーダーをセットしているのを見ると、

邪魔しちゃいかん!と正直に思います

 

何故か、、、。

 

それは幼い頃、母が美容室をしていて、

そのお店にあった小さなテレビで「ゲゲゲの鬼太郎」の音を

小さなカセットテープレコーダーで録音し、

あとから何度も聞くのが楽しみで、

その録音中にお客さんが入ってきたりして、

うまく音がとれなかった時は、とっても落ち込んだからだ!

 

だから、

地元住民はできるだけ静かにして、

ファンの方々に、のと鉄道を楽しんでいただこう。

 

あっ。

あと、母・皐月の母校として、

うちの「ふるさと体験村 四季の丘」を、なぁんて設定だと、素敵すぎ。

「ふるさと体験村 四季の丘」1花咲くいろは.jpg

2013年8月12日

暑さに耐えた自分に、キンキンに冷えたビールは最高のご褒美です。一口目の美味さ選手権があれば、上位に名を残す自信ありです。

「世界農業遺産 能登の里山里海」にて農業・体験型観光を行っています、OkuruSky(おくるすかい)の村山智一です。

 

今年の夏は、

猛暑、豪雨、強風、がかわるがわる容赦なくやってきます。

この最強クリーンナップを攻略してこそ、

農業青年と胸を張っていえるのかな!?なんて強がり言いつつも、

上手くつき合っていかなきゃと、

風呂上がりのビールを楽しみに頑張るのです。

一口目の美味さ選手権があれば、上位に名を残す自信ありです。

 

しかし、気まぐれな夏空。

20130811okurusky.jpg 

本とiPodは必需品です。

 

 

最近の畑のお供は、

↓↓↓

■最新・樹木医の手引き(改訂3版)

http://www.jpgreen.or.jp/book/books/tebiki_mokuji.html

専門用語で眠くなります(笑)

 

■学校では教えてくれない国語辞典の遊び方

http://www.amazon.co.jp/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%A7%E3%81%AF%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84-%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E8%BE%9E%E5%85%B8%E3%81%AE%E9%81%8A%E3%81%B3%E6%96%B9-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%84%E3%82%AA/dp/4046532742

 

そして、

●ザ・ボイス そこまで言うか!

http://www.1242.com/program/voice/

青山さん、勝谷さん、宮崎さんの時だけダウンロード

 

●英会話なるほどフレーズ100

CD付き。簡単なフレーズがを聞きながら作業します。

 

●バイリンガルニュース

https://itunes.apple.com/jp/podcast/bairingarunyusu-bilingual/id653415937 

なんか、良い(笑)英語が分からない人にも楽しめるのでは。

↑↑↑

 

これらを心の支えに、

そして、有効に時間を使っているんだ!と自分自身に酔いしれ、

クセのある技術者を目指して頑張ります。

 

2013年8月11日

夏のこどもエコロジーキャンプが終わりました。

「世界農業遺産 能登の里山里海」にて農業・体験型観光を行っています、OkuruSky(おくるすかい)の村山智一です。

毎年恒例の

夏のエコロジーキャンプが終了しました

ここ数年は、8月下旬に開催されていたのですが、

今回は親御さんからの希望もあり、お盆前の開催となりました。

参加者24名、金沢星稜大学スタッフさん10名、ほか大勢、ということで、

賑やかな3日間でした。

P1050943.jpg

 

沖波きび加工組合の皆さん、蕎麦クラブの皆さん、草木染め体験の新谷さん、

能登ワイン工場、様々な形でご協力いただいた集落の皆様、

本当にありがとうございました。

P1050905.jpg

 

P1050912.jpg

 

IMGP0306.jpg

 

P1050846.jpg

 

P1050875.jpg

 

okurusky(キャンプ).jpg

 

9月にもキャンプや、ライブイベントがあります。

是非、ご参加ください!

 

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。