2013年11月アーカイブ

2013年11月23日

一緒にいてくれるだけで幸せですが、逞しく思える日も、そう遠くないだろうな。未来に遠慮する事なく自分が信じた道を突き進んでほしいと願います。

村山智一です。

HITOTSU(ワイナリー)2.jpg

剪定がスタートしました。

剪定とは、

今季の役目を果たした枝を、

来季の目標にあわせて様々な手法を用いてカットする作業です。


その作業を通して、みえる事があります。


剪定、これには技術者のスタイル(好み)が色濃く出ます。

拘りです。

それ故、

剪定で来年の出来不出来が決まるとも言われ重要視されますが、

個人的には、

総合的な栽培管理のうえに成り立つものだと考えます。


つまり、

剪定が全てではない、というのが僕の考えです。

栽培には、

携わる技術者の生き方の方が問題です。

振る舞いです。


自分に酔っちゃいかん。


例えば、

1本の樹に対して70カット、

捨てハサミを数えれば100カット以上のハサミを入れます。

これを10aあたり150本の樹があると考えると、

15,000回、ハサミを握るわけです。

僕の畑は3.3haですから、すごい回数です。


静かで孤独な畑で、黙々と。

本来なら、

これが経験となり技術に反映させるべきなのですが、

何故か、

これが苦労になり、語る権利、となる訳です。

確かに、雪の中での剪定は過酷です。

そうなるのも理解できます。


「おれはこれだけやってきたのだから」です。


大切な作業ではある。

しかし残念な事に、

そういう自分の世界に陥りがちな

剪定作業に値打ちを付けて語る職人気質な人は、

ただ知識をひけらがしているだけの場合が多く、

現にそういう技術者ほど、

たった1つの課題に対しても模範解答すら出せません。


果樹に限らす、園芸においても同じ様な光景を目の当たりにすることは少なくありません。

これが弱い農業の原因の1つだと思います。

イノベーションがない。

人に任せるが出来ない、育てる事も出来ない。

自分に酔っちゃいけないのです。


だから僕は、

技術者より経営者であることが重要だと考えます。


経験は、その技術者を評価する1つのスケールではありますが、

長く携わっているから腕がいいとは限りません。

これは、26歳で起業し、

異業種から農業へ新規参入し、

さまざまな現場で自分の目で見聞きして感じて事です。


当然ですが、全てにおいて方針が必要です。

それがあって、計画等がフォロー(更新)され、

目指したクライマックスをむかえるため活動します。

畑でも同じです。


よく悪天候のため・・・など、お決まりの言い訳がありますが、

そんなこと、未経験の人だって予想できます。

大雨が降れば、どんな事態になるか想像がつきます。

何があろうと、それなりの結果をださねばなりません。

経営者ですから。


くどいですが、

総合的な栽培管理、または方針の中で剪定を考える必要があります。

技術・知識が乏しくとも、それはそれなりに責任もって。


今年も僕は、

この現象はなにか?これは何故こうなるのか?から、

総合的に前年を上回る結果を追求した方針をたてます。


昨年同様、

なんて微塵もありません。


長男が手伝ってくれます。

幼くとも出来る事があるのを知っています。

ワイナリー(とうや).jpg

一緒にいてくれるだけで幸せですが、

逞しく思える日も、そう遠くないだろうな。

未来に遠慮する事なく

自分が信じた道を突き進んでほしいと願いますが、

その時に重要なのは、

僕自身です。

期待にこたえたいです。

 

今年は、いよいよ

ガレージワインを出しますかね。

 

-- 

--- ---- ----- --------------------------------------------------------

【能登を「HI TO TSU ひとつ」に詰め込みました】

→ HITOTSU online shop

HITOTSU(vineyard)6.jpg

-----------------------------------------------------------------------

2013年11月21日

ヌーボーの季節です。この時期は、本当に能登が美味しい。ご紹介します、能登ワイン・ヌーボー・2013[赤] (NOTOWine Nouveau 2013)です。

村山智一です。

この時期は、本当に能登が美味しい。

海・山の幸で溢れます。

そんな豊かな食材で賑わうこの季節、

やはりヌーボーは外せませんね!


ということで、ご紹介いたします。

能登ワイン・ヌーボー・2013[赤] (NOTOWine Nouveau 2013)です。

HITOTSU(能登ワイン:ヌーボー赤).jpg

(特別限定:4,000本)
■味わい:辛口/ライトボディ
■容量 :720ml
■アルコール度数:11.0%
 


主原料をツバイゲルトレーベ種とし、
フレッシュな果実味と柔らかな酸味のバランスがよく、
軽やかで爽やかな飲み心地です。

肉料理は勿論のこと、

和食との相性もピッタリなので、
HITOTSUの梅みそソース、
ピクルスがお勧めです。


能登の里山ワインで、

楽しいひと時を。

2013年11月16日

初心者ですが、オリーブも栽培しているのです。ミッション、ネバディロブランコ、マンザニロ、ルッカの4品種です。

村山智一です。

 

おかげさまでHITOTSUが大人気。

本当に感謝です。

お歳暮のご予約も沢山頂いてます。

ありがとうございます。


ある先輩に「商売人(経営者)なら、人の3倍は働かないかん。だって結果を出すのはトップ次第やからな。」と言われましたが、

まったくその通りですね。

商品化をあきらめずに頑張ってきて良かった。


HITOTSUは「ワインの最高の伴侶に」がコンセプト。

だからオリーブも栽培しています。

ミッション、ネバディロブランコ、マンザニロ、ルッカの4品種です。

HITOTSU(オリーブ)樹木.jpg

たいていの果樹は1年サイクルだから、いろいろ栽培する方が良い。

結果、スキルアップに繋がるともうし、その方が楽しいから。

いろいろ植えるの、お勧めします。

 

分からない事が多いので、

小豆島の栽培農家さんを参考にさせていただいたり、

今年はミッションとルッカを4kgを分けてもらいました。

とても親切な農家さんで、オリーブの塩漬け等のレシピもいただきました。

現在、塩漬けとピクルスに挑戦中です。

HITOTSU(オリーブ)渋抜き3.jpg

渋抜きは時間がかかります。

今回は重曹を使って丁寧に作業をしました。

有名な能登イタリアンのお宿ふらっとさんのBenさんにもアドバイスいただきましたので、

美味しくなるように頑張らねば!です。

HITOTSU(オリーブ)渋抜き.jpg

来年はHITOTSUのラインナップに加わる事でしょう。

〜HITOTSU ひとつのオリーブ〜

待ち遠しい!

 

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。