« 能登の里山里海体験2013を開催しました。実はこのプログラム、計3回の開催を予定していて、これは第2回目の模様です。そう、第1回目は忙しくて載せれませんでした!(その2) | ホーム | 能登の里山里海体験2013を開催しました。実はこのプログラム、計3回の開催を予定していて、これは第2回目の模様です。そう、第1回目は忙しくて載せれませんでした!(その3) »

2013年9月 1日

トラベラーズノートで振り返る。(その2)それは、ブティックのように小さなワイナリーでの出会いが、あるプロジェクトが大きく動き始める切欠になったのだと気付かされ、全ては繋がっているのだという事を味わったようだった。

村山智一です。

トラベラーズノートで振り返る。その2、です。

[(その1)はこちら。]

トラベラーズノート1.jpg

 

トラベラーズノート、そこに刻まれていたのは、

リリディル地区で最も有名な「ブティックのように小さなワイナリー」

Yarra Yering。

何て素敵なアプローチなんだろう。

Yarra Yering1.jpg

あまりにも素敵だったので、

しっかり記憶に刻もうと、自分を落ち着かせていたのを思い出します。

 

左手には畑が広がっています。

空が広い。OkuruSky。

Yarra Yering2.jpg

 

Yarra Yering3.jpg

 

高価なワインが並んでる。

Yarra Yering4.jpg

しっかりテイスティングしたい!

Yarra Yering4−1.jpg

 

Chardonnayもいいけど、

PinotNoirも。なんとも悩ましい!な自分が、MindMapでよみがえります。

Yarra Yering4−2.jpg

 

実力者たちとの記念写真。

Yarra Yering4−3.jpg

 

お世辞にも安いとは言えないワインばかりだが、

スタッフは気さくで感じがよく、ギャラリーの着飾らない素朴な魅力がたまらなかったです。

一番、いいな〜と感じたのは、

購入したワインを紙袋に入れて手渡されたときです。

紙部にクシャクシャ、はい、どうぞって。

あぁ、そうなんだよな、って感動しました。

Yarra Yering(クラフト)1.jpg

 

この時の感動が、

実は「HI TO TSU」を作り出す切欠となるんですね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://okurusky.jp/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする